新しい養育費算定表

先月23日に最高裁から新しい養育費算定表が発表されました。
特に、離婚後子どもを育てる親からは大きな期待を集めたましたが、個人的には期待ほどの増額幅ではなかったと感じています。

報道機関などは、平均して1万から2万円の増額幅ではないかと伝えていましたが、義務者(養育費を支払う側)が高所得者の場合に大幅な増額となっていましたので、これが全体の平均額を押し上げた印象です。
しかし、低~中所得帯(多くのケースがこのラインに該当)に限ると大きなインパクトがあったとは言い難いと思います。

とは言え、今回の新しい算定表が離婚実務における大切な一歩であることには変わりありません。
今後ますます実態に即した養育費になることを期待しつつ、「共同養育」の議論などとともに、一段と「子どもファースト」の世の中になることを願います。

miraizu代表者